あいちトリエンナーレ 我々は金正日氏や安重根の写真を燃やす様なマネはしない

政治・社会あいちトリエンナーレ

大村秀章知事が河村市長の主張は憲法違反ではないかと非難

大村秀章愛知県知事は河村たかし市長の主張は憲法違反ではないかと非難しました。

「憲法違反の疑いが極めて濃厚ではないか。(中略)憲法21条のいう検閲と取られてもしかたがない。そのことは自覚されたほうが良かったのではないか。裁判されたら直ちに負けると思う。」

直ちに勝敗がつく裁判があるのかどうかは不明ではあるけど、ここでいう憲法違反とは憲法21条にあたる。

憲法21条「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。」

また、同日 河村市長は以下の様に会見で述べている。

「表現の自由の侵害だ、芸術性のあるものに対して何を言うんだという話があるようだが、どういうプロセスで津田(大介)さんが選ばれて、どういうプロセスでいわゆる慰安婦像をああいうファクトで、天皇陛下の写真を展示することになったのか。また、どういうプロセスで中止になったのか、市民の皆さんに公開しなければいけないと調査を指示している。」

この内容は良くこの内容はいけないというような事を公権力がやるという事はあってはならない

「税金が投入されているからこそ、この内容は良くこの内容はいけないというような事を公権力がやるという事はあってはならない。」

など大村秀章氏は記者会見で公平さの重要性を述べられていました。

確かにそこだけ聞いたら、そうだよねと感じるかもしれない説明でもありますが、「平和の少女像(像慰安婦像)」「燃やされるべき絵(天皇陛下の写真を燃やして踏みつける映像)」「間抜けな日本人の墓(・・・)」など、反日プロパガンダとしか言えない内容の作ばかりを展示している時点で公平性も何も感じられない。

内容は抜きにみてもとても芸術性は感じられない作品ばかりですが、仮にあれを芸術作品だとして、税金を利用して開催するのであれば、社会・政治問題を取り扱う部分に関しては最低でも日本国を讃えた作品なども同じだけ展示するべきである。

日本国を讃えた作品は少ないと逃げるかもしれないが、何故か今回のあいちトリエンナーレでは「男性の作者と女性の作者の数を同じにした」と芸術監督の津田大介氏は発表しており、それなら作品の趣旨も平等にしなければいけないのではないか。

個人的には、集まった優秀な芸術家が女性ばかりだったら女性ばかりになっても良いと思うし、わざわざ「男性の作者と女性の作者の数を同じ」にする意味など全くないと思う。

仮に政治的意味をもつ作品を平等にーといっても、RADWIMPSが「HINOMARU」を歌っただけで、椎名林檎が旭日旗をモチーフにしただけで、問題だと騒ぎ立てた津田大介氏が芸術監督をやっている以上は実現不可能なのではなかろうか。

我々は金正日氏や安重根の写真を燃やす様なマネはしないよね

像慰安婦像や天皇陛下の写真を燃やして踏みつける展示に反発した日本人の殆どは、金正日や安重根(伊藤博文を暗殺した人物、韓国の英雄)の写真を燃やして踏みつける様な作品など作ったりはしないし、それを芸術として認めたりしない

例えば日本国内でそんな展示がされるのであれば、声の大小にこそ違いはあると思うが、多くの人は同じ様に「展示をやめるべき」「芸術とは呼べない」としっかりと非難するであろう。

思想や歴史認識は違うにしても、それで悲しむ人達が大勢いる事を知っているし、そんな作品があっても何も解決しないことも知っている。

仮に、もしそんな作品を展示したいと持ち込んだ芸術家がいたらだ。

それこそRADWIMPSが「HINOMARU」を歌っただけで、椎名林檎が旭日旗をモチーフにしただけで、問題だと騒ぎ立てる津田大介氏は絶対に展示などさせないだろうけどね。

天皇陛下の写真を燃やしてる作品が展示されていた事が全くTVメディアが取り上げなかったり、脅迫FAXの件もいろいろ矛盾があるようです。

またあいちトリエンナーレ全体的に反日思想の人物が大く入り込んでいるようであるが、巨悪は文化庁という話もあり、いち芸術際がここまで大きく問題視されたことをきっかけに何か変わっていくと良いですね。