あいちトリエンナーレ 大村知事が津田氏に全責任転嫁というクズ過ぎる話

政治・社会あいちトリエンナーレ

ようやく、あいちトリエンナーレ関連に地上波テレビ番組や一部新聞でも、慰安婦像だけでなく昭和天皇の写真を燃やしている内容の展示物があったと報道され始めました。

インターネットの時代において、これ以上は不都合な真実を隠して都合の良い報道をする事は厳しいという判断が現れてきたのでしょうか。

まあ、良識のある出演者もあんな偏向報道に付き合いきれなくなってた人もいるでしょうしね。

それにあわせて、河村市長を糾弾し大村知事や津田大介氏らを擁護していた報道内容も、表現の自由として認められるべきではないという論調の番組が出てきております。

どうにも津田大介氏の切り捨てに向かっていってる感はありましたね。

大村知事が関連ツイートを全削除

あいちトリエンナーレ問題で話題の大村知事は昨日、あいちトリエンナーレに関連したツイートと問題が表面化した8月1日以降のツイートを全て削除しました。

その後、削除の理由をあいちトリエンナーレ以外のツイートにあいちトリエンナーレ関連のコメントが殺到していたからという趣旨をツイート。

だったらあいちトリエンナーレ関連のツイートは残しておくべきという話でもあり、更に炎上しておりましたが・・・

大村知事「全責任は津田大介氏にある」

会見にて大村知事は「全責任は津田大介氏にある」と発言。

自身の立場はあいちトリエンナーレを安全に開催するためにうんたらかんたら、もう聞いていられない。

この人はもう最低だな、という印象でしたが、それにしても耳を疑うような言葉であります。

大村知事はあいちトリエンナーレの実行委員会 会長であります。

おそらく慰安婦像や天皇のお写真を燃やす映像作品などの存在は知らなかったという事にするのでしょうが、許可を出す際に疑問に思った名古屋市の担当が「そういった展示があることを会長である大村知事が許可しているのか2度問い合わせた。」と河村市長の記者会見で担当の立場で状況を説明しています。

※会長の大村知事が許可しているという事で、会長代理である河村市長に疑問点として上げなかったとのこと

大村知事は、これらの展示がある事を知っていて許可したにも関わらず、芸術監督に責任を全てなすりつけるつもりの様だ。

思想が違うのは仕方ないにしても、知事としてというより、人としてどうなのだろうか。

愛知県知事選は終わったばかりで、任期は丸々4年ある。

いやマジで、しがみつくのは止めて頂きたい。