【銀魂】679話 空白の2年ー銀さんの行動があきらかに

2018年5月1日漫画・アニメ銀魂

※ネタバレ注意
原作での話になります
アニメ放送待ちの方はネタバレになるので注意
まだ読んでない人は先に読んだ方が良いと思います

銀魂 679話「龍穴にいらずんば師を得ず」の感想になります

虚・解放軍との最終決戦から2年後の銀魂世界が描かれていましたが、銀さんがその間何をしていたのかあきらかになってきました

とても予想できない、とんでも展開になってきましたね

彼は虚なのか吉田松陽なのかー

君ではなく銀時と呼ぶ

笑顔、虚より松陽先生のものと思われるセリフ

ラストでは銀時に頼み事をしようとするシーンが描かれていて、もしかしたら虚を完全に消滅させるためのなにかかな、と思ってしまう

2年後では、その姿はなく関係がありそうなのは銀時の持つ『心臓』

銀魂の世界感の中、生死に対して虚の存在だけが異質だっただけにこの繋がりが謎ですねー

銀魂が日常へ戻るまでまだまだ続きそうです

銀時・高杉と交戦した集団と虚の関係は?

678話で銀さんを襲っていた集団は八咫烏(やたがらす)と判明しました

八咫烏と虚の関係は良くなかったはずなので、虚を復活させる為に銀さんの持つ虚の心臓を狙っている訳ではなさそう

何を取り返そうとしているのか

銀さんの事を白夜叉と呼ぶ指揮官はいったい誰なのか

まだまだ謎が多いですね

2018年5月1日漫画・アニメ銀魂

Posted by Yousuke.U