【銀魂】683話 土方・山崎・お妙さん、続々と合流

漫画・アニメ銀魂

銀魂 683話感想と考察です

江戸に舞い戻った銀さんと高杉

その後を追って、鬼兵隊 武市とまた子も江戸に向かっています

そこに万斉の姿はもうない・・

江戸には既に真選組と桂、新八に神楽、そよ姫に信女もいる

土方・山崎、そしてお妙さんと遭遇

土方と山崎は銀さんと高杉の乗っていた船にくっついて追っていたみたい

山崎は未だロボット状態です(本体はどこかにあるみたいなので、江戸にあるのかもですね)

銀さんと高杉を尾行する土方・山崎

銀さんは気付いたのか気付いてないフリなのかわからないけど、お妙さんに見つかった模様ですねー

お妙さんは大人キャラの中では大きく見た目が変化してますよね

土方仕様、マヨネーズ柄の水着(トランクス?)が素敵です

包帯グルグルだった人物は柩

ラストはお祭り状態かもですねー

ラスボスだった虚とのバトルはもう無さそう、松陽復活?

敵は死ねずいた所を救われただけの元・天導衆なだけにある種のザコ

銀さんと高杉を襲っていた部隊は、その元・天導衆

包帯グルグルだった人物の名前が出ましたね

名前は「柩」(ひつぎ)・・

あれ、2年前の最終決戦で虚に操られていた奈落三羽の一人?とかなんとかの人か

でもこの前しゃべってたよね、2年前は終始無言だった気がする

包帯グルグルだったり義足だったのは、虚の不死の血を受けて死ねないけど朽ちていってた状態から全回復していないからか

しかし、天導衆のボスとは違うなにか秘密があるそうな雰囲気です

漫画・アニメ銀魂

Posted by Yousuke.U