【銀魂】原作691話 沖田の桂アゲ、高杉が完全にギャクありにw

2018年8月29日漫画・アニメ銀魂

沖田の桂アゲ、高杉が完全にギャクありにw

銀魂原作691話の感想です
アニメ放送待ちの方はネタバレになるので注意
まだ読んでない人は先に読んだ方が良いと思います

沖田の桂アゲ

誰もが出来なかった国取りを成し遂げた男、桂小太郎ー

ラーメン屋回であったり過去の真選組VS桂で印象に強いのは沖田と桂のやりとり

その沖田がある種のアゲ評価をしているのが良いですねー

高杉がもう完全にこっち側w

銀さん・桂・高杉と松陽の弟子のやりとり

高杉が居るのにシリアスとギャグを同時進行する銀魂らしい銀さんと桂

と思えば、高杉も普通にギャグ路線突っ走ってますねー

まあ、ネタ回では結構やらかしてるし、アニメでは熱血硬派高杉君とかやってましたし

最近の高杉を思えば、もう完全にこっち側ですね

昔はクールな悪役に徹してたのにねー

そして、なんか銀さんと桂と3人での戯れに笑顔ありの高杉、もう完全に打ち解けてるじゃないですかー

原作692話 今後の展開予想

もうあんまりストーリーは頭に入ってきてないのですが、要は松陽OR虚の心臓をどうにかして復活させるのでしょうがどちらが現れるかわからない状況って事ですよね

虚なら問答無用で倒すって事で一致なのかな?

もうバトルとしては決着ついてると思うからなさそうだけどー

少し前に(心臓が)子供状態だった時は、セリフの感じだと完全に松陽だったですよね

仮に松陽だったとしても、どうなのだろう

同一人物みたいなものなので、虚に戻ることはないといという設定はつけられなさそう

銀さん達亡き後の事も思えば、不死身である以上は作中でいずれは消滅の道を辿らないといけない気がします

もしか不死・超再生の力は失っていて、普通に人生を送るって感じなのかもですねー

2018年8月29日漫画・アニメ銀魂

Posted by Yousuke.U