【銀魂】670話 虚と定春はどうなったの?

2018年5月1日漫画・アニメ銀魂

※ネタバレ注意 原作での話になります
アニメ放送待ちの方はネタバレになるので注意
まだ読んでない人は先に読んだ方が楽しめると思います

銀魂670話の感想です

最終決戦?の最後

皆の力を得てアルタナの暴走を鎮めた定春

不死の力を失い、最後はどこかへ落ちていった虚

2年後となった現在は、虚と定春はどうなっているのでしょうか

定春はどうなった?

定春に関しては消滅してしまった訳ではなく、かなりの縮小サイズで霊体みたいな感じで存在している模様

神楽が旅立ったのは「定春を元に戻す手がかり」を求めて宇宙へ

そもそも定春は「狛犬」「狛神」という種族で地球の犬とは違う設定で宇宙へいくのは当然なのか

虚はどうなった?

銀さんは万事屋解散の理由に「やるべき事がみつかった」とだけの発言ですが「虚の最後」のシーンを思い出しつつなので虚と関係がありそうです

わざわざ落下して消えたという事は、虚はまだ存在している可能性が高い?

気になるのは、落下手前あたりの描写では「虚」ではなく「松陰」の人格が現れている感じなとこですね

もしかすると虚(敵)としてではなく松陰(師)としての再登場に期待しても良いかもですね

虚は登場以来何度も対峙して戦ってきたので、もうバトル描写はなさそうな気がします

2018年5月1日漫画・アニメ銀魂

Posted by Yousuke.U