報道特注、足立康史氏復活か(足立康史氏を応援する気がなくなった理由)

政治・社会和田政宗, 足立康史

文化人放送局のネット番組「報道特注」、生田よしかつさんがメインとなって和田政宗議員(自民)、足立康史議員(維新)を中心に様々なゲストを交えてトークする番組。

足立議員がTwitterで私人を罵倒・侮辱する発言して炎上して、維新の会で謹慎状態となった事を受け、放送は中止していたけど、謹慎状態が解けた事で番組の方も再スタートする見通しの様です。

私が足立康史氏を応援する気がなくなった理由

言葉や態度が悪いのがネックでしたが、立憲の問題のあるであろう議員達をしっかりと追求すると宣言されていたので、その部分で(比例だったとしても票を入れようとまでは思わないまでも)応援していました。

結局のところ、自身で新たな追求可能な情報を時前で持ってきたりはなく、既に出ている情報を使ってツッこむくらいで何も変わっていないのですが、それだけでもないよりはあった方が良いかな、と。

皇室問題に対する見解がブレブレ

報道特注にて皇室問題を何度か取り上げていますが、足立康史議員の見解や案が2転3転していた。

ゲストによって変えているのか、女系天皇論ではなく全然皇位継承問題と関係なさそうな女王(クイーン)の設立案を語ったと思えば、女性宮家、女系天皇案に否定的な発言をしつつ、結局維新の会は党首討論番組で女性宮家案に賛成している。

※ちょっとうろ覚えですので、詳しくは報道特注の過去放送をどうぞ。

この時点で、この人は皇室の呼び方を政治家は「様」ではなく「殿下」「親王」と呼ぶべきと敬意を持っている様な事を言いながら、実際はどうなのだろうという大きく疑心暗鬼になった。

和田政宗議員の公約を否定

普段のトークならまだわかりますが、参議院選挙を直前に控えた和田政宗議員(候補)を応援する回の放送で、和田政宗さんが公約を語ってる最中に「いやいや、私ならー」とかいつもの調子で遮って上書き・修正案を語りだした。

以前からゲストの人が話してる最中に会話を遮って自分の考えを語りだす癖は、気持ちよくないなと見ていましたが、この人は本当に和田政宗さんの再選を願っているのか、と。

メインの進行役であり、和田政宗さんを本気で応援している生田よしかつさんや番組スタッフも「えぇ・・」となったと思います。

番組の中止は、twitterでの炎上を理由になっていますが、それがなくても、選挙期間中に足立康史氏が出演する報道特注を放送しても和田政宗さんの選挙にプラスにならないのでは?という判断があったのかもと感じています。

足立康史議員は報道特注に復帰する?

本日から報道特注が再会されるとの事で、おそらく復帰するのでしょう。

いち視聴者なので見るも見ないも自由ですしね、それについてどうこうなんて全くありません。

有識者会議が設置された皇室問題の進み具合とか和田政宗さんの持っているであろう情報を知りたいですし、見ると思います。