韓国 ホワイト国除外に対する報復措置まとめ

2019年8月12日政治・社会韓国

大前提として、日本政府が閣議決定した対韓輸出制限措置(韓国をホワイト国から除外、ランクAからBへ)は、安全保障上の問題があるためやむを得ないものではありますが、対して韓国サイドはこれらを日本による経済制裁だとして非難。

韓国はホワイト国から除外するならば様々な報復の用意があるとしていたが、2日の閣議決定を受けて正式に報復措置の準備を進めている様です。

日本をホワイト国から除外(予定)

2019年08月02日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は日本をホワイト国から除外し輸出管理を強化するとした。

韓国の製品が日本に輸入しずらくなるとされる。

これらの対象品目に食品などが含まれるのかは不明だが、日本国内では韓国産の食品が減る可能性に喜ぶ声が多い。

食品や廃棄物などの安全措置強化(検討中)

2019年08月02日、上記の日本をホワイト国から除外に加えて、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は対日本での食品や廃棄物などの安全措置強化を強化するとした。

輸入に対する措置の厳格化となる。

GSOMIAの破棄を示唆(検討中)

韓国大統領府の金鉉宗・国家安保室第2次長は「我々に対する信頼が欠如し、安保上の問題を提起する国と敏感な軍事情報の共有を持続するのが正しいのかも含め、今後総合的な対応措置を取る」としてGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の破棄を示唆した。

GSOMIAは1年ごとに更新されており、今年の更新期限は8月24日になっている。

北朝鮮と南北協力をして日本に対抗(検討中)

2019年08月05日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「南北の経済協力で平和経済を実現して、一気に日本の優位性に追いつく日本に追い付く」と会見した。

南北との統一が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の悲願であろう事は、多くの人が感じている事であるが、その後も北朝鮮は米韓合同軍事演習に対してミサイルを発射しており、難航していそうだ。

東京を旅行禁止地域に指定する(検討中)

2019年08月07日、韓国与党議員が「東京をソマリアやアフガニスタンのような旅行禁止地域に指定するべき」とう主張。

http://www.ichannela.com/news/main/news_detailPage.do?publishId=000000160229(ハングル)

韓国での旅行制限は「旅行注意」「旅行自制」「撤退勧告」「旅行禁止」の4段階で「旅行禁止」は最高レベルの旅行制限。

「旅行禁止」区域を訪問すると、旅券法に基づいて1年以下の懲役又は1千万ウォン以下の罰金刑になるとのこと。

福島原発の半径30km以内の地域が「撤退勧告」となっており、それより強い旅行制限を東京にかけるという事らしい。

現行法では東京に「旅行制限」かけるには東京で強い放射能濃度を観測される必要がある模様。

2019年8月12日政治・社会韓国

Posted by Yousuke.U