WordPress使うならどっち?エックスサーバーとwpXの機能比較

レンタルサーバーエックスサーバー

エックスサーバーとwpXの機能比較

エックスサーバーは多目的レンタルサーバーである「エックスサーバー」とは別にWordPress専用のレンタルサーバー「wpX レンタルサーバー」も提供しています

最近では世界のWEBサイトの3割以上がWordPressサイトという話もあるとおり、WEBサイト・ブログにおいてセキュリティ面に気を使いさえすればWordPressだけで十分という考えもあります

目的がWordPressだけなのであれば、wpXという選択肢も十分に考えられるのかあまりwpXをチェックした事がなかったので確認してみます

※エックスサーバーはWordPress専用のクラウドサーバー「wpXクラウド」も提供していますが、そちらは別記事で比較します

エックスサーバーとwpX基本機能・料金の比較

wpXの月額料金が1,000円という事なのでエックスサーバーX10プランとの比較がわかりやすそう

エックスサーバーwpX
月額料金900円~1,200円1000円~1,200円
初期費用3000円5,000円
無料お試し期間ありあり
ディスク容量200GB30GB
ディスクSSDSSD
独自SSL(無料)ありあり
独自SSL(ブランド)1,000円~1,000円~
転送量目安70GB/日50GB/日
MySQL容量1GB1,000MB
phpMyAdmin利用可能可能
WordPress設置可能数50件(MySQL作成可能数につき)10件
PHPバージョン最新版を順次提供最新版を順次提供
FTP操作可能可能
.htaccess編集可能可能
メール機能ありあり
メール容量割り当て設定割り当て設定
上位プランありなし
自動バックアップ2週間2週間
MySQL 復元機能1周間前のまで可能2週間前のまで可能

ざざっと機能を見比べてみた感じ、エックスサーバーよりwpXの方が優れている部分が見つからない

WordPressに特価したサーバー設計・設定など施されているのだと思いますが、エックスサーバー自体がWordPress利用において素晴らしく優れているのでなんとも言えません

エックスサーバーで利用してるWordPressでもgoogleのスピードテストツールでも100点出せるので、これ以上を望むのも難しい

ディスク容量などwpXが少なくも感じますが、30GB使うのはかなり大変なのでとりあえずWordPress始めてみようかなって人ならwpXの選択も、そこには意識しなくても良いと思います

ただ、wpXにはエックスサーバーでいつもやってるドメインプレゼントキャンペーンは様なので料金は更に少し割高感はあります

WordPress始めるまでの難易度もエックスサーバーでも簡単インストールがあり、手軽さも大差なさそうです

今後のwpXの機能拡充次第ですが、2019年現在ではアクセスが増えてきたりデータ量が圧迫してきたりの場合に上位プランがあってプラン変更だけで済むエックスサーバーが結局良いかもですね