【エックスサーバー】CSSが反映されなくなって焦る、っ「Xアクセラレータ」

2019年6月12日レンタルサーバーエックスサーバー

「Xアクセラレータ」

AMPサイト構築作業をしていたら、AMPなので直接HTMLにインライン表示しているのでキャッシュされる事のなかったCSSの変更が反映されなくなって焦りましたよっと

リアルタイムでエックスサーバーがメールきてたました!

予定しておりました「Xアクセラレータ」機能の標準有効化のため
メンテナンスが完了しましたのでお知らせいたします。

「Xアクセラレータ」とは

「Xアクセラレータ」

「Xアクセラレータ」を有効にすると静的ファイルに対してサーバー側で静的ファイルは2分間キャッシュされるようになる機能

対象ファイル(拡張子)
.css .js .jpeg .jpg .gif .png .svg .svgz .wbmp .webp .ico .jng .bmp .3gpp .3gp .ts .mp4 .mpeg .mpg .mov .webm .flv .m4v .mng .asx .asf .wmv .avi .mid .midi .kar .mp3 .ogg .m4a .ra .woff .woff2 .ttf .otf .eot

基本的には問題ないけど画像とCSSとjavaScriptだけは注意しておきたいですね

ブラウザのキャッシュじゃないのでブラウザキャッシュクリア(Ctrl + Shift + Rなど)ではクリアできないので焦りますね

PHPで呼んでるCSSファイル等もキャッシュの対象

このキャッシュは良い事なのだけど、これはjsファイルも対象だとjsの出力が動的な場合は対策しておいた方が良いですね

基本的には編集チェックを行いたいときはブラウザキャッシュ対策同様に「main.css?v=123」みたくしておけば最新の更新バージョンをキャッシュしてくれる

かなりスグにキャッシュされるのでdate関数の値を付与するなど編集中は動的なバージョンを付けておきたいですね

2019年6月12日レンタルサーバーエックスサーバー

Posted by Yousuke.U