「ToshibaServiceStation.exe」が重い

windows10タスクマネージャー

「ToshibaServiceStation.exe」は「dynabook」などのToshiba製のディスクトップパソコン・ノートパソコンが重くなる原因のひとつですね

TOSHIBAパソコンにプリインストールされているToshiba製のアプリケーションのアップデート等を自動で実行するシステムですが、頻度も高くパソコンのスペックが低いと起動中は作業に支障をきたす重さになる

Toshiba製のアプリケーションを多用していないのであれば「スタートアップ」から外しておいても問題ないと思います

「タスクマネージャー」ー「スタートアップ」ー「ToshibaServiceStation.exe」ー「無効」

必要のなさそうな「スタートアップアプリ」は一旦全部止めて、問題があればまた有効にすれば良いかもですね(Windowsの利用に絶対必要なスタートアップは特に無く、Windows Defenderぐらいで十分でもあります)