総務省「2年縛りは遺憾!解約違約金も遺憾!実質0円も遺憾!引き止めポイントも遺憾」

2018年5月16日スマートフォンau, SoftBank, docomo, 楽天モバイル, 料金プラン

総務省が「au・docomo・Softbankの大手3キャリアに対して、2年縛りと、その解約違約金を不要にする事を要請」というニュースが目にとまりました

なにこのデジャブ感!

2年ぐらい前にも全く同じ内容のニュースを見たような・・!

総務省、2年縛りと解約違約金を無くす様に是正

結局何も変わっていなかった3キャリア、2年縛りどころか実質4年縛りまで登場している始末ですね

2年縛りと解約違約金がなくなる事の是非は、その後のキャリアの利用料や機種代によって変わるので何とも言えませんが全然変わっていなかったというのには驚きです

総務省の見解だと格安SIMのMOVOキャリアへの流入を妨げている要因としているみたいですね

正直、携帯3キャリアだけでなくインターネット回線プロバイダ業者全てを対象に警告して欲しいものです

解約しようとするとポイント付与で引きとめられる?

総務省は「解約しようとするとポイント付与を理由に解約を引きとめる」というのにも、是正を求めています

え?!

これは全然知らなかったですね

調べたら世の中には「引き止めポイント」という言葉があり、存在を知ってて実際試した人は機種変更前に解約を申し出て「引き止めポイント」10,000円分のポイントが貰い機種代に割り当てる事ができた様です

なんでも「引きとめポイント」は状況によって10,000円から30,000円ぐらいまであるそうです

これは・・、知ってる人と知らなかった人でサービスに差別的な大きな差がでますねー

販売店はともかく電話窓口でも可能な様なのでお得意の「販売店が勝手にやった」という訳にはいきませんね

オンラインゲームなら補填騒ぎになりますよ?

とりあえず全員1万ポイント配って!

「実質0円」が終わると困る人も

2年縛りと解約違約金を無くすと今までみたいに代理店に契約獲得による大量の報酬が支払えなくなり「実質0円」での機種変更が無くなる可能性が高いです

確かに2年毎に実質0円でキャリアNMPしてた人は困るかも知れません

総務省も「実質0円」を問題視していますが、単純に「実質0円」に使ってた分を他の部分でユーザーに還元される事が大事ですね

「毎月割り」などの基本料金割引きもなくなる?

確かに、2年縛りを条件としている割引きは無くなりますね(au・Softbankの現行プランは4年縛り前提の機種代割引き、かなり損だけど)

月額利用料が高くなったら高くなったで格安SIMへの流入が増えるので、アリなのかもですね

2年縛りによる割引きは1,500円くらいですので2年だと36,000円

おそらく機種代に回してた分を月額料金に還元しなくては、また総務省に怒られるので割引きしてた分を超えてもっと安くするべきところです(しないと思いますが)

理想はこうですが

  • 2年縛り・違約金→無くなる
  • 端末代金→高くなる
  • 月額→安くなる

現実はこうなるかも

  • 2年縛り・違約金→別の何かが生まれ結果無くならない
  • 端末代金→高くなる
  • 月額→高くなる

楽天モバイルのやってる1~3年契約でキャッシュバックとかの方法が使われるかも知れませんね

楽天モバイルのは途中解約は残り期間のキャッシュバック分の解約料が必要ですがプラマイ0のような感じ

すぐに他社に行かれるのを防ぐため「SIMロック解除料金」が高くなったりもしそうですね