【WordPress】ヘテムルとエックスサーバーで絶賛迷い中です

2018年2月17日エックスサーバー, WordPress高速化, レンタルサーバー

レンタルサーバー履歴

ヘテムルのみで3か月ほど

最初に借りたレンタルサーバー

ヘテムル&さくらビジネス3か月ほど

503エラー発生につき、さくらビジネスも借りる

今思えば、30万PV/日くらいだったので頑張ればヘテムルでも上手くやれたはず

サーバー負荷を抑える技術不足だったと思う

ヘテムル&さくらビジネス&さくらマネージでド4年くらい

ページビューがゴリゴリ増えてきたあたりで503エラー発生もなかなか捌けなくなってきて調子に乗る

全部マネージドに移して他は解約のつもりがなかなか移転が億劫で当分この期間

さくらビジネス&さくらマネージドで3年くらい

時代の流れ等もありアクセスも減ってきた故に勢いで色々消す

その後盛大にサボる事を知っていればサーバー負荷を抑えるコツは少し成長してたしマネージドを残す必要もなかったかもしれない

さくらビジネスのみで半年ほど経過中(イマココ)

コスト削減、遊んでばかりいたらマネージド維持が勿体ない状態に・・

移転を考える理由

下手なSQLをガンガン投げてた頃もありましたが、今までアクセス過多で503エラーに悩まされる事はあっても、サーバーの応答時間で不満になる事はどのサーバーでもなかったです

容量も圧迫した事は一度もありません

理由はただ一つ、WordPress!

常時ではないですが、納得いかない表示の遅さな時が時折あります

なのでサーバー移転は視野に入れてましたが、今のレンタルサーバーで出来るだけの事をやってからと考えてました

出来るだけやった事

CSS・JavaScriptの最適化や圧縮はOKとして、ページキャッシュ、サーバーキャッシュ・オブジェクトキャッシュなど、CDN以外は僕でもやれそうな所はプラグイン試したり色々してみましたがイマイチな結果

キャッシュによっては表示早いですけど、体感でしっかり早いのはブラウザ単位のやつだけでした

このブログのアクセス状況だとあんまり意味ないキャッシュなんですよね(基本ひとり1viewちょいなので・・)

Cache系プラグイン

キャッシュ系プラグインも少しづつ試してきましたが体感できる様な効果は得られず、それならない方が良さげなので基本キャッシュ系プラグインはなしの状態です

最後に「W3 Total Cache」を試したらクエリ数も80超えから14とかまで減らせれてたので、これは良いかな思ったんですけど実際の表示速度は特に改善されずでした

ブラウザキャッシュ部分以外はむしろ凄い遅くなる時がありまして・・設定次第なのでしょうが、難しいですよね

CDN

昨日、CDNも試そうと「CloudFlare」の使い方を色々調べて実践しようとしましたがこのドメインはサブドメインが沢山あるんですよね

それだからか最初に自動でDNS抽出してくれるリストにもお目当てのこのブログのサブドメインが出てこずでして、うーむ言ってたら

よぎる感情

「この作業、もしやるにしてもサーバー移転してからのが良くないか・・!」

「お試し期間があるんだし試してみて、サーバー移転で快適になるならWordPressの速度アップに労力かけなくても良いんじゃないか」

というところです

ヘテムルとXサーバーで悩みました

ヘテムルのWordPressやSQL処理の速度比較系記事も結構あるですが、PHPがcg版iからモジュール版になる前の情報だったりで良くわからないんですよね

結局は「PHPモジュール版」とエックスサーバーの「FastCGI版」に性能差は殆ど無いみたいですので検討材料から外れる訳ですけど

他に比較材料とすると、WEB サーバー

ヘテムルが「Apache 2.4.xx」でXサーバーが「nginx」なのでWEB サーバーは「エックスサーバー」って事で良いですかね

ヘテムルのが少し転送量制限が緩いですし、今のヘテムルの速度比較をやってくれてる記事みると、とエックスサーバーと良い勝負してそう

でも総合的にはやはりエックスサーバーなのかな

しっかりしてる人の検証記事ばかりあてにしないで、両方ともお試しで借りて、このブログ突っ込んで自分で試してみるのもありですねー

※現在、このWordPressブログはエックスサーバー を利用しています