エックスサーバーとmixhostの機能・性能の比較

2019年6月18日レンタルサーバーエックスサーバー, 比較, mixhost

最近のレンタルサーバーはmixhostが人気ですよね

現在はエックスサーバーを利用しており、WordPressの表示速度、phpなどの最新バージョンへのアップデート速度、どれも申し分ないので現状は満足しておりますが、もし今新しくレンタルサーバーを借りようと考えたらエックスサーバーとmixhostで悩みそうです

mixhostは880円(36ヶ月)~1,380円(3ヶ月)のスタンダードプラン、1,780円~2,780円のプレミアムプラン、その上にビジネス、ビジネスプラス、エンタープライズと5タイプのプランが用意されています

月額費用の近いWordPressのX10とmixhostスタンダードプラン、エックスサーバーX20とmixhostプレミアムプランで比較してみます

エックスサーバーX10とmixhostスタンダードの機能・性能比較

※2019年3月現在

エックスサーバーX10mixhostスタンダード
月額料金(税抜き)900円~1,200円880円~1,380円
初期費用3000円0円
無料お試し期間10日10日
ディスク容量200GB150GB
ディスクSSDSSD
CPULinux 24コアXeon(仮想3コア)
CPUメモリ256GB256GB
ユーザー割り当てメモリ???4GB
無料独自SSLLet’s EncryptCOMODO
有料独自SSL3種、1,000円~???
転送量目安70GB/日
※月換算だと2.1TB
2TB/月
MySQL利用可能数50件無制限
MySQL容量1データベースにつき1GB???
phpMyAdmin利用可能可能
PHPバージョン最新版を順次提供最新版を順次提供
メール機能ありあり
メール容量割り当て設定割り当て設定
上位プランありあり
自動バックアップ2週間2週間
初期ドメインxxxxx.xsrv.jpxxxxx.mixh.jp
その他ドメイン1つプレゼント

月額料金

初期費用こそあるもののmixhostの月額料金880円は3年契約での金額で最低3ヶ月契約の1,380円

エックスサーバーの900円も36ヶ月契約で3ヶ月契約だと月あたり1,200円ですが、カードの自動払いに設定した際の毎月払いが月額1,000円になるのがお手頃で、とっつきやすいですね

またエックスサーバーは、好きなドメインをひとつプレゼントというキャンペーンをいつもやっていて、登録料はもちろん、エックスサーバーを使い続ける限り更新料も無料というのがあり、それも月額料金に加味するとやはりお得

ディスク容量

ディスク容量はエックスサーバーの方が多いですが、通常のサイト運営でそうそう使い切れるものでもないのであまり気にしなくて良さそう

ユーザー毎に割り当てられてるメモリ

エックスサーバーは不明な部分ですが、サーバーのCPUメモリは同じで転送量目安も似た感じなので同じく4GBほどは確保できるようになっている模様

転送量目安

レンタルサーバーを考える上で重要な転送量目安も概ね同じ様な感じ

どれくらいのアクセスを捌けるかは、サイトの中身によって大きく変わってくると思いますが、エックスサーバーもmixhostもサーバー負荷対策や読み込み・表示高速化に力を入れているので結果的に日々少ない転送量で多くのアクセスが捌ける様になっていっていると思われます

エックスサーバーX20とmixhostプレミアムの機能・性能比較

※2019年3月現在

エックスサーバーX20mixhostプレミアム
月額料金(税抜き)1,800円~2,400円1,780円~2,780円
初期費用3000円0円
無料お試し期間10日10日
ディスク容量300GB250GB
ディスクSSDSSD
CPULinux 24コアXeon24コア(仮想5コア)
CPUメモリ256GB256GB
ユーザー割り当てメモリ???8GB
無料独自SSLLet’s EncryptCOMODO
有料独自SSL3種、1,000円~???
転送量目安90GB/日
※月換算だと2.7TB
4TB/月
MySQL利用可能数70件無制限
MySQL容量1データベースにつき1GB???
phpMyAdmin利用可能可能
PHPバージョン最新版を順次提供最新版を順次提供
メール機能あり あり
メール容量割り当て設定割り当て設定
上位プランありあり
自動バックアップ2週間2周間
初期ドメインxxxxx.xsrv.jpxxxxx.mixh.jp
その他ドメイン1つプレゼント

月額料金

こちらも、エックスサーバーは1ヶ月の月払いを自動カード払いにすると3ヶ月払い・6ヶ月払いより安い2,000円で済みお手頃でありますね

mixhostは3年払いがお得になっていて、3年使うかどうかはちょっとという感じだと手を出しにくい気がします

転送量目安

大きな違いといえば転送量になりますね

アクセスが増えて上位プランに変更しようと考えた時はmixhostの方が勝手が良さそうです

コントロープパネル比較

なんだかんだ、コントロールパネルの使いやすさ・とっつきやすさも重要です

以前はさくらインターネットのレンタルサーバーを使っていたので、エックスサーバーでもmixhostでも最近感はあって良くは感じます(さくらインターネットのコントロールパネルも古いWEBサイト感はあったけど、それはそれで理解しやすく住めば都というか使いにくくはなかった)

エックスサーバーのコントロールパネル

エックスサーバーのコントロールパネル
エックスサーバーのコントロールパネル

mixhostのコントロールパネル

mixhostのコントロールパネル
mixhostのコントロールパネル

mixhostはcPanelというコントロールパネルを採用していて、ユーザーでなくてもデモにてお試しログインが可能です

コントロールパネル「cPanel」 | mixhost (ミックスホスト)

2019年6月18日レンタルサーバーエックスサーバー, 比較, mixhost

Posted by Yousuke.U