【JavaScript】reduce()で配列の値の合計値を取得する

2018年4月28日JavaScript取得, 配列, 計算

reduce()は配列内の値の合計値を返します

数値の合計を得る場合、値の全てが数値またはnulの必要があります(空文字でも””となっている場合はNG)

callback関数の指定は必須で、小数点以下や文字列が含まれている場合は関数内で対処します

配列.reduce(callback関数,初期値)

初期値は引数は省略可能です

reduce()の動作サンプル(数値の合計値を得る)

See the Pen JavaScript Array reduce() by yochans (@yochans) on CodePen.

reduce()のサンプルコード(数値の合計値を得る)

const arrayA = [10,5,100,20];

let total = arrayA.reduce(function(total, data){return total + data});

console.log(total);//135

アロー関数版

const arrayA = [10,5,100,20];

let total = arrayA.reduce((total, data) => {return total + data});

console.log(total);//135

空白文字を含む文字列が出現した場合は、その時点から文字列として扱われ連結した文字列となります

const arrayA = [10.4,5,100,20,"abc"];

let total = arrayA.reduce((total, data) => {return total + data});

console.log(total);//135abc

2018年4月28日JavaScript取得, 配列, 計算

Posted by Yousuke.U