楽天モバイル | 楽天回線への移行手続きからSIMカード発送案内メールが届きました

楽天モバイル

楽天回線への移行手続き後、SIMカード発送案内メールが届きました

先日「楽天回線への移行手続き」を完了させましたが、それから2日で楽天回線用SIMカードの「製品発送完了のお知らせ」メールが届きました。

新規申込みではなくMVNO回線からの変更の場合、移行手続きが行えるのはは楽天回線のサービス開始以降でしたが、配送状況を確認したら既に配送されているようで、思ったよりずっと早く手元に楽天回線用のSIMカードが届くことになりそうです。

先行受け付けから商品発送までの流れ

これまでの流れは以下の感じです。

2020年3月13日 MVNOユーザーとして移行受付け
2020年4月08日 楽天モバイル正式サービス開始
2020年4月16日 楽天回線への移行手続き
2020年4月18日 製品発送完了のお知らせ

まだ楽天モバイル回線エリア外だけど

とわいっても、まだ楽天モバイル回線エリア外ではあります。

前回調べた時と比較してみましょう。

エリアマップ 前回
エリアマップ 前回
エリアマップ 今回
エリアマップ 今回

画像のサイズが少し違うのでわかりにくいかもですが、ちゃんと拡大されている様です。

エリアマップ上だとほんとスレスレではありますが、スマホが受信している利用可能なネットワーク一覧にも「440 11」はまだありません。

とわいえ、在宅ワークが多くスマホのネット接続もほぼほぼWi-Fiなので、現状0.5GBも使っていないような私には楽天モバイル回線が届いてなくてもなんら支障はありません。

元々、2GBのスーパーホウダイSプランでしたので、5GBに増える訳ですけど。

それよりキャリアから楽天モバイル(MVNO)に変更した時に失った「無制限通話かけ放題」が使えるようになるのが大きいですね。

1年以上10分かけ放題で過ごしてきましたが、「10分かけ放題や5分のかけ放題」と「無制限かけ放題」では、たまにの長電話であったとしても、気にしなくていいというだけでも、その差は絶大です。

「これで2,980円は高い」とか自社回線エリアが不十分という事をネタにしたネガティブ記事も目立つ楽天モバイルですが、ちょっと出先でネット回線使えて、かけ放題ってだけでも、2980円なら破格だと思ってます。

仕事にフルで使うってひとは選ばないでしょうけど、そうでなければ不満も何も一年間無料ですしね。

一年間無料はいつまで?

結局、今申し込んでも全ユーザーが一年間無料となっているようですね。

この一年間無料キャンペーン、なぜサービス開始から一年という設定にしなかったのか、失策なのではないかと思ってしまいますね。

契約から一年ということだと、どこかでキャンペーンを終了する必要がありそうです。

SIMカードが届いたら

SIMカードが届いたらまた記事にしてみます。

ネットは基本PCなので遅くても問題ない、Rakuten Linkや通話品質とか気になるところです。

とりあえず、近くまで楽天モバイルエリアが来ているようなので、一度だけ楽天の電波が届くところへ行って試してもみようかな思います。

楽天モバイル

Posted by Yousuke.U