楽天モバイル 先行受付はMNPは不可で新規のみだけど、MNPも1年間無料の対象になるのかどうか

2020年9月11日IT,楽天モバイル

先行受付はNMPは不可で新規のみだけど、NMPも1年間無料の対象になるのかどうか

先行受付にて、ほっておいてもMNOに変更してくれそうな現行の楽天モバイルのMVNOユーザーからの移行ができないことはわかる気がしますが、MNP(モバイルナンバーポータビリティ)も4月8日の正式サービス開始まで申込みできないのは少し不思議ですね。

MNPより新規契約の受付けを先行させると、1年間無料と合わさって他社スマホとの2台持ちユーザーが増えそうな気もします。

1年間の無料期間後に楽天モバイルを選んで貰えれば御の字でしょうが、もし楽天モバイルに魅力を感じることができても、もともとの電話番号は他社の方になるのでなかなか乗り換えするという風になれるかどうか。

今後、無料期間が終わる1年後あたりになにか作戦があるのか、かなり思い切った料金プランなので無料でなくてもユーザーを獲得できる可能性もありそうでもありますけどね。

300万人無料の対象にMNPは入るのか?

携帯番号を変えずにキャリア変更できるMNPが主流の今、新規受付けだけで300万人はそうそう行かなさそうな気もします。

いや、携帯料金が流石に1年間無料になるのは個人でも家族でも大きいというか、2台持ちも含めて普通にいくものなのかもしれませんが、どうせ無料になるなら2台持ちじゃなくてMNPにしたいというひとも多そう。

ただ、300万人の無料になる数に増減ありと発表されていますが、これが減を意味しているなら300万人以下でも新規契約だけ対象にしてMNP・現行ユーザーからの移行は対象外となる可能性もあるのかもしれません。

appleのiphoneを取り扱う契約にユーザーの絶対数が必要とのこともあり、そのユーザー数獲得を考えれば、まずMNPでの乗り換えも無料の対象にな気はしますね。

なんにせよ、1年間無料の対象になるのは1人1契約までなので、2台持ちで新規契約をした場合、MNPは対象外になります。

そうなると300万人というのは先着ではないらしいですし、NMPも無料対象なのかどうかはっきりとした情報が出るまで様子見しようっていう人も多そうですね。

2020年9月11日IT,楽天モバイル

Posted by Yousuke.U