SSL化してあるサイトのサーバー移転の方法と大変さよ

2018年2月17日エックスサーバー, SSL, WEB制作, レンタルサーバー

※レンタルサーバーからレンタルサーバー、無料SSLから無料SSLの場合前提です

今までのサーバー移転の流れ

  • 新しいレンタルサーバーでドメインを設定
  • ドメインのDNS設定を変更
  • DNSが浸透しきるのを待つ

順次切り替わるので基本サイト表示が途切れる事はなく、サーバー移転メンテナンス中にする必要もあまりなかったです

掲示板などユーザーが追加するようなコンテンツのデータさえ注意しとけば良い程度でした

SSL化した後のサーバー移転の流れ

  • 新しいレンタルサーバーでドメインを設定
  • ドメインのDNS設定を変更
  • DNSが浸透しきるのを待つ
  • ドメインに新しいSSLを設定
  • SSLが発行され表示出来る様になるのを待つ

SSLを設定するにはDNSが浸透しきっている必要があり「ドメインのDNS設定を変更」をしたトコロからだんだんサイトは表示されなくり、完全に表示できなくなってからもSSLでの表示ができる様になるまで結構な時間が必要になりますね

SSL化済みサイトのサーバー移転時の注意点

  • SSL証明書が発行できない可能性も高いので.htaccessなどでのリダイレクト設定は解除しておく
  • SSL証明書の発行処理をするまではシンプルなHTMLファイルの方がわかりやすい

おおよその所要時間

お試しで借りたエックスサーバーへWordPressひとつ移動させただけですが、サイトが表示しにくくなる状態から余裕をもって1時間2時間は覚悟しておかないと、って感じでしたね

今まで意識してなかっただけで一緒かもですが、申請してからSSL化が完了するまで結構時間が必要なんだと知りました

表示できない間に出るであろう警告文

無効なURLです」「このWebサイトのセキュリティ証明書には問題があります」「この接続ではプライバシーが保護されません」「このサーバーが~であることを確認できませんでした」「このサイトは安全ではありません」「保護されていません」などなど

仕方ないとはいえ、もうちょっとなんとかならないものだろうか

何割かの人はブックマーク解除待ったなしですっ

HTTPSから一時的にHTTP表示にする?

HTTPからHTTPSにリダイレクトならSSL化が完了してからで済みますが、HTTPSが表示できない以上は一時的にもHTTPを表示する事も不可能ですね

一瞬よぎりましたが、できたとしても相当なナンセンスかなと

AMPページは微妙に生きてる

GoogleがキャッシュしているAMPページは生きてますね

おそらく誰かが検索からAMPページにアクセスするとその人は表示出来ますが、AMPクローラーがAMPページのキャッシュを書き換えにきて消える可能性はありますね

表示を切らさないでSSL化サイトをサーバー移転するには

AMPページがヒントになりましたが、僕が思いつくのはCDNくらいでしょうか

「CloudFlare」の様なサイト全体をキャッシュしてくれるCDNで更新間隔を広げて利用すればサイト表示をさせつつSSLサイトのサーバー移転が可能かも知れませんね

あれ、.htaccess指定でなんとかなったりします?

テスト一回だけの本番移行でアセアセしてたから試してないのですが、.htaccessでメンテナンスページに飛ばせれるのかな

HTTPSになってないドメインはSSLのなんやかんや処理より.htaccessの方が優先されるのでしたっけ、わからない

念のため試してみたいですね

 

※現在、このWordPressブログはエックスサーバー を利用しています

2018年2月17日エックスサーバー, SSL, WEB制作, レンタルサーバー

Posted by Yousuke.U