PHP取得, ファイル操作, 文字列

PHPを使ってURLからファイル名を取得する方法です strrchr()とsubstr()を利用する方法 strrchr()とsubstr()を利用して最後の「/」以降を取得します $url = ' $fileName = strrchr( ...

Googleスプレッドシート取得, 代入, 参照

関数「COLUMN()」 COLUMN()は表作成時に指定したセルの列番号を参照・取得して代入します ()内は参照するセルを指定可能で、省略時は自身のセルを参照します COLUMN()の簡単な使い方とサンプルシート 1行目には『=COLUM ...

Googleスプレッドシート取得, 代入, 参照

表作成時にデータにidや番号を振る際、手入力だと途中にデータを追加した際にズレて再入力が大変な事になります 【Googleスプレッドシート】セルに連番を自動挿入する方法 | Googleツールメモ 関数「ROW()」 ROW()関数は行番号 ...

JavaScript取得, 配列

reduce()は配列内の値の合計値を返します 数値の合計を得る場合、値の全てが数値またはnulの必要があります(空文字でも""となっている場合はNG) callback関数の指定は必須で、小数点以下や文字列が含まれている場合は関数内で対処 ...

JavaScript取得, 文字列

substr()は指定した位置から始まる文字列を抽出し、指定した文字数を返します substr(開始位置,取得数) 第一因数に開始位置、第二因数にて取得数を指定します substr(開始位置) 第二因数は省略が可能で、その場合は開始文字以降 ...

JavaScript取得, 文字列

split()は対象文字列を指定した文字列や文字で分割した配列を取得します 対象文字列.split(指定文字); カンマなどで区切られた文字列を配列に変換するのに良く使われます split()の動作サンプル See the Pen Java ...

JavaScript取得, 文字列

slice()は何文字目から何文字目など範囲を指定して文字列を取得する事が可能 因数がひとつの場合は開始位置としてそれ移行の文字列を取得します 因数が2つの場合は開始位置と終了位置を指定して範囲内の文字列を取得します 開始位置は0が1文字目 ...

JavaScript取得, 文字列

indexOf()は対象の文字列に指定の文字または文字列が含まれていれば最初に出現した位置を返します 大文字と小文字を区別し、第二引数では指定した文字数目以降に出現した最初の場所を取得できます indexOf()は指定した文字列が存在しない ...

JavaScript取得, 文字列

charCodeAt()は文字列または文字から指定文字のUnicodeを取得できます 引数には文字列の先頭から数えた位置を指定し、未指定は0、負の数の場合は文字列の最後から数えられます 引数が整数以外だった場合や文字が見つからない場合は「N ...

JavaScript取得, 文字列

charAt()は文字列から位置を指定して切り出す事が可能です 引数には文字列の先頭から数えた位置を指定し、未指定は0、負の数の場合は文字列の最後から数えられます 文字が見つからない場合は空の文字列が返されます charAt()の動作サンプ ...

JavaScript取得

JavaScript JavaScriptで要素の位置を取得するスクリプト $('#contents').top; $('#contents').left; $('#contents').offsetTop; $('#contents'). ...