PHP取得, ファイル操作, 文字列

PHPを使ってURLからファイル名を取得する方法です strrchr()とsubstr()を利用する方法 strrchr()とsubstr()を利用して最後の「/」以降を取得します $url = ' $fileName = strrchr( ...

PHP文字列

文字列中のカタカナを全角文字や半角文字に変換するにはmb_convert_kana()を使います またmb_convert_kana()では英数字・記号の半角・全角の変換も可能です $text = "ひらがなカタカナ"; $text = m ...

PHP配列, 文字列

PHPにて文字列を文字列で分割して配列に格納する方法 PHP7からsplit()は廃止されています 文字列を分割するにはexplode()またはpreg_split()を利用する explode()で文字列の分割 $text = 'abcd ...

PHP文字列

file_get_contentsでの文字化け回避にはmb_convert_encoding()を利用します 多いのはphpファイルはUTF-8になっているのに読み込んだ文字列がSJIS等の場合に発生します $data = file_get ...

JavaScript文字列

trim()は文字列の最初と最後の空白文字を除去します 除去可能な空白文字は「半角スペース」「タブスペース」など また連続した空白文字がある場合も全て除去します trim()の動作サンプル See the Pen JavaScript st ...

JavaScript取得, 文字列

substr()は指定した位置から始まる文字列を抽出し、指定した文字数を返します substr(開始位置,取得数) 第一因数に開始位置、第二因数にて取得数を指定します substr(開始位置) 第二因数は省略が可能で、その場合は開始文字以降 ...

JavaScript文字列

toLowerCase()は文字列を小文字に変換し、toUpperCase()は小文字を大文字に変換します 因数パラメータはありません 大文字を小文字に小文字を大文字にする動作サンプル See the Pen JavaScript stri ...

JavaScript判別, 文字列

startsWith()はは対象の文字列が指定された文字列(単語など)で始まっているかどうかを判定できます(前方一致) 第一引数には判別する文字列を指定、第二引数では文字列の開始位置を定義できます、未指定は末尾になります 参考:【jQuer ...

JavaScript取得, 文字列

split()は対象文字列を指定した文字列や文字で分割した配列を取得します 対象文字列.split(指定文字); カンマなどで区切られた文字列を配列に変換するのに良く使われます split()の動作サンプル See the Pen Java ...

JavaScript取得, 文字列

slice()は何文字目から何文字目など範囲を指定して文字列を取得する事が可能 因数がひとつの場合は開始位置としてそれ移行の文字列を取得します 因数が2つの場合は開始位置と終了位置を指定して範囲内の文字列を取得します 開始位置は0が1文字目 ...

JavaScript正規表現, 文字列

replace()は正規表現または値を利用して、文字列を置き換えます 対象文字列.replace(置き換える文字列(正規表現を含む),置き換え後の文字列) 値として置き換える文字列を指定した場合は、最初に出現する文字列のみが置き換えられ、正 ...

JavaScript比較, 文字列

localeCompare()はブラウザの言語設定に応じたソート順序にて2つの文字列を比較します 文字列を比較対象と指定可能ですが、比較するのは最初の1文字目で、1文字目が同一の場合は2文字目移行を同様に比較します 文字列A.localeC ...

JavaScript正規表現, 検索, 文字列

search()は正規表現による文字列を検索して、ヒットした場合はその位置を取得します 指定した文字列が見つからなかった場合は-1を返します 正規表現でなくても利用可能です search()とmatch()の違いは返される結果にあり、mat ...

JavaScript正規表現, 検索, 文字列

match()は正規表現による文字列を検索して結果配列を取得する事ができます 複数見つかった場合は配列として、見つからなかった場合は-1を返します 検索ルールは正規表現の記述に従います text = `hello world`; text. ...

JavaScript取得, 文字列

indexOf()は対象の文字列に指定の文字または文字列が含まれていれば最初に出現した位置を返します 大文字と小文字を区別し、第二引数では指定した文字数目以降に出現した最初の場所を取得できます indexOf()は指定した文字列が存在しない ...

JavaScript検索, 判別, 文字列

includes()は対象の文字列に指定の文字列が含まれているかどうかを返します 大文字と小文字を区別し、第二引数では検索開始場所を指定可能です(未指定は0) 文字列検索処理が行える「match()」や「indexOf()」とは違って返り値 ...

JavaScript文字列

fromCharCode()は文字のUnicode値を文字列に変換デコードします 単一の場合 let text = fromCharCode(65); textには「A」と代入されます 複数の場合 let text = fromCharCo ...

JavaScript比較, 判別, 文字列

endsWith()は対象の文字列が指定された文字列(単語など)で終わっているかどうかを判定できます(後方一致) 第一引数には判別する文字列を指定、第二引数では文字列の終わりの位置を定義でき未指定は末尾になります 返り値はtrueまたはfa ...

JavaScript連結, 文字列

concat()は指定した複数の文字列を連結した文字列を返す +演算子で連結した場合と結果は同じ A.concat(B,C) 上記の様に記述しますが「A」の中身は書き換わらない concat()の動作サンプル See the Pen Jav ...

JavaScript取得, 文字列

charCodeAt()は文字列または文字から指定文字のUnicodeを取得できます 引数には文字列の先頭から数えた位置を指定し、未指定は0、負の数の場合は文字列の最後から数えられます 引数が整数以外だった場合や文字が見つからない場合は「N ...

JavaScript取得, 文字列

charAt()は文字列から位置を指定して切り出す事が可能です 引数には文字列の先頭から数えた位置を指定し、未指定は0、負の数の場合は文字列の最後から数えられます 文字が見つからない場合は空の文字列が返されます charAt()の動作サンプ ...